アイフル 在籍確認

MENU

アイフルの即日融資のサービスがどれくらい便利なのか他社と比較して見た

消費者金融には、大手と呼ばれる業者がいくつかありますが、アイフルもそんな大手消費者金融業者のひとつです。アイフルといえば、アコムやプロミスなどと並ぶ歴史の古い消費者金融業者で、現在の最新技術を利用した様々なサービスに加え、これまで蓄積してきた消費者金融としてのノウハウもあることから、非常に多彩なサービスの展開が特徴といえます。

 

もちろん東証一部上場企業のため、安心して利用することができるのも、アイフルを利用するメリットといえるかもしれません。さて、そんなアイフルですが、当然ながら即日融資にも対応しています。

 

そもそも消費者金融を利用するための目的のひとつといえるのが、できるだけ早くまとまったお金を手に入れるというものといえますので、即日融資というのはもはやアイフルに限らず大手消費者金融の代名詞となっているといえるかもしれません。

平日のアイフルの即日融資のサービス

アイフルの即日融資の手段は、

 

 

  • 振込による即日融資
  • カード即日発行によるATMでの即日融資

と、他の大手消費者金融同様に通りです。アイフルの振込による即日融資は、平日14:00までに契約完了して、14:50までに振込手続きをすれば手持ちの口座に即日振込が可能です。

 

即日カード発行は、アイフルの全国に約911台ある『てまいらず』で可能です。もちろん審査に通る、契約が完了するということが前提です。しかしアイフルの店舗の場合、『てまいらず』のみの設置でATMを併設していないBOXタイプの店舗が半分くらいあるので、その場合はカード発行した後にコンビニなどの提携ATMで手数料を払って借り入れをしなければなりません。

 

 

このアイフルのBOXタイプの店舗はカード発行がその場でできても、融資はその場ではできませんし、コンビニなど別の場所へ行って手数料を払って借りなければならなくなるので不便です。

 

その他の大手消費者金融の平日の即日融資

アイフルの即日融資が特別不便なわけではありませんが、もっと平日の即日融資に便利な大手消費者金融はあります。まずSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスですが、振込融資可能時間などはアイフルと変わらず、平日14:00までに契約完了で最短即日振込が可能になっています。

 

しかしプロミスには瞬フリというサービスがあり、

 

 

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行

いずれかの口座へであれば登録することで、24時間365日最短10秒で振込融資可能なサービスがあるので即日振込の上でアイフルに一歩リードしています。


またプロミスは自動契約機での即日カード発行においてもアイフルをリードしています。アイフルが約911台の設置に対してプロミスはなんと約1,700台(2017年1月現在)も自動契約機がありますので、アイフルよりも近くに自動契約機があることは間違いないです。

 

 

しかも、ほぼ全てのの店舗に於いてATMを併設していますので、その場で手数料無料で即日融資を受けることが可能になっています。

 

大手消費者金融の中でも知名度の高いアコムもアイフルよりも即日融資に於いてリードするカードローンであります。振込融資はプロミス同様時間的な制限(平日14:00までに契約完了で最短即日振込が可能)は変わらないものの、

 

 

楽天銀行の口座へであれば、24時間365日最短1分で振込融資可能(メンテナンス時間を除く)なサービスがあるので即日振込の上でアイフルをリードしています。


即日カード発行に於いても、アイフルの約911台の設置に対してアコムは約1,109台(2017年1月現在)むじんくんがありますし、全ての店舗でATMを併設していますので、その場で手数料無料で即日融資を受けることができます。

 

 

モビットの場合はアイフルよりも即日融資の条件が悪くなってしまいます。即日振込の条件としては、平日14:50までに契約後に振込手続き完了で即日振込が可能です。他社は契約時間に焦点を当てているので平日14:00までとなっていますが、振込手続きに焦点を当てるとどこも平日14:50までとなりますので、この件に関してはモビットもアイフルもその他の大手消費者金融も条件は変わりません。

 

しかし、自動契約機の即日カード発行に関しては、モビットよりもアイフルの方が有利です。アイフルの『てまいらず』は全国に約911台設置に対して、モビットは約435台(2017年1月現在)のローン申込機の設置に留まっています。さらにモビットは自社ATMがなく、全国にある約435台のローン申込機は全てBOXタイプになります。

 

 

ですのでローン申込機で即日カード発行できてもその場で借りることはできず、コンビニなどに移動して手数料を払って借り入れしなくてはいけません。

 

モビットでは三井住友銀行のATMのみ手数料無料で利用できますが、その場合もやはりローン申込機の設置BOXから移動しなければなりません。

 

平日の即日融資の条件を考えた場合のおすすめ大手消費者金融
プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

会社が休業日の場合のアイフルの即日融資

 

会社の休業日の場合はカードローンの審査では必須項目である会社に電話して在籍しているかどうかを確認する『在籍確認』が完了しないので、その日に契約することが出来ず即日融資は不可能になります。


この場合アイフルでも会社の営業日まで契約が延期になり、それまで融資を受けることができません。しかし、土日祝日が休みの会社なら休みの日にカードローンに申し込みということも良くある事なのでこれは困りますね。

 

 

こういった在籍会社の休業日でも在籍確認をクリアして最短即日融資が可能な大手消費者金融があります。


プロミスであれば、会社への電話確認を別の方法で確認する相談が可能です。ですので、

 

 

在籍会社の休業日でも契約を完了し即日融資を受ける事も可能なのです。


アコムでも実は在籍会社が休業日の場合のみ

 

またアイフル在籍確認の電話は書類で回避する相談ができるので、会社への電話確認を別の方法で確認する相談が可能になっていますので、在籍会社の休業日でも契約を完了し即日融資を受ける事も可能です。

会社が休業日の場合の即日融資に有利な大手消費者金融
プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

もっと言うと、実はアイフルでも在籍確認の電話を回避することも可能です。アイフルの場合は、即日融資を受けるための方法としては大きく分けて2つあり、ひとつはインターネットから申し込むという方法と、もうひとつはアイフルの自動契約機を利用して申し込むというものになります。

 

このうち、確実に即日融資が可能なのは自動契約機の『てまいらず』方です。融資を受けるにあたり、必ず審査を受けなければなりませんがそのために必要な書類がなければ審査が始まりません

 

 

自動契約機の場合は、アイフルのスタッフと共に進めて行きますので、書類に不備があればその段階で確認するといったことができるのに対し、インターネットからの申し込みの場合は基本的に誰にも会わずに契約まで行うため、途中で書類の不備などが発覚しても修正が難しいというデメリットがありますのでアコム即日融資のほうがおすすめです。

 

また、インターネットからの申し込みの場合、融資を受けた金額は指定した銀行口座に振り込まれるという仕組みになっていますが、こうした振込に必要な時間などを考慮してできるだけ早い時間帯に申し込む必要があります。

 

スタッフと話しながら融資を受けることになりますので少し抵抗があるという人もいますが、やはりその日のうちに融資を受けたいということであれば審査の早いプロミス即日融資がおすすめです。

 

 

>>アイフルの在籍確認の電話を回避方法とは?<<